[コラム]絶対覚えておきたい相づちの”さしすせそ”と、”はひふへほ”

相づちの「さしすせそ」と「はひふへほ」って、聞いたことありますか?

わたしは初めて知ったのはいつだったかな……「キャバクラ嬢の接客はこんなにすごい」みたいなテレビ番組だったかな?^^;

これを知ってると知らないと(心掛けてるか、そうでないか)では、これからの日常会話や人とのお付き合いで、大きく差が出ます。わたしと一緒に、今日はこれを覚えて帰りましょう♪

相づちの「さしすせそ」とはなにか??

  • さ:へぇ~さすが
  • し:えー知らなかった! 知らないなにそれーっ!?
  • す:すごーい。 すげーっ。
  • せ:センスあるねー!
  • そ:そうなんだ~。 そうなんですか!? それはすごい! それでどうなったの?

ご覧のとおり、相手を立てるため・相手の話を盛り上げるための定番文句、ですねっ!

これらを適度に会話に織り交ぜることにより、相手は「こいつはオレ/ワタシの話をよく聴いてくれてるな~」とどんどん話をしてくれるんです。

だから、相づちのさしすせそは魔法の引き出し言葉なんですねっ!

相づちの「はひふへほ」とはなにか?

  • は:はぁ~なるほど!
  • ひ:ひえーーっ!
  • ふ:ふんふん。 ふぅぅ~~ん(タイミングに注意!)
  • へ:へえっーーー!!
  • ほ:ほぉぉ~!?

いわゆる言葉のアタマについてくる“感嘆詞”というものが主です。

これもまたお相手が話を続けたくなる、定番文句集といったところですね^^

音声表現に注意

魔法の相づちの使いどころについて、すこし補足します。

特に留意したい「ふぅぅ~~ん」を例にとりますね。

「ふーん」って、受け取り方によっては次のパターンが考えられますよね?

パターン1 「ふーん。(スマホぽちぽち)」
パターン2 「へぇ~。はぁーなるほどっ!ほぉぉ~それでそれで?ふぅぅ~~んそうなんだぁぁ・・・」

ニュアンスの違い、わかりますよねっ?

パターン1は興味ない相づち。(この話早く終わってくれないかな)という心の声すら読み取れそうじゃありませんか?

いっぽうパターン2は(あなたの話がもっと聞きたい!おもしろい!)っていう嬉々とした感情が湧き上がっていそうではありませんか?

このように相づちは音声表現ひとつで良くも悪くも受け取れます。魔法の相づちだからといってただ言えば良いなんてことは、ぜったいにあり得ません。このへんを書くと1記事ではとても収まらない量になりますので割愛しますが、「感情を込めて言う」「少しだけ、オーバー気味に言う」これだけは覚えておいてください。

多用は禁物

いくら「へえ」という相づちが使いやすいからといって、10回へぇーへぇーへぇーへぇーへぇー….なんて言っていたら(……ホントに聞いてるのか?こいつ)と疑われても仕方ありませんよね?

何事も多用は禁物です。このへんは、ひととのお話をたくさんして、感覚を養っていきましょう^^

そこで様々なバリエーションを織り交ぜる最強の相づちパッケージが「相づちのはあー!ひぇー!ふぅぅ~~ん!へぇー!ほぉ~!」なのです。

勢いでの説明終わりっ!

さあ、これであなたも聞き上手の、会話スキルマスターです^^